おすすめ商品レビュー

JTKサイレントプラスとJTKサイレントSの違いは?ジャパネットケルヒャー高圧洗浄機比較!

JTKサイレントプラスとJTKサイレントSの違いは?ジャパネットケルヒャー高圧洗浄機比較!

ジャパネットで購入したケルヒャー高圧洗浄機JTKサイレント、洗車に大活躍しています。

2021年にJTKサイレントプラスが発売され、さらに2022年2月最新モデルJTKサイレントSが登場!

しかもこの最新モデルが期間限定セール中だと知りました。

ところで、JTKサイレントプラスとJTKサイレントSって何が違うの?

そこで今回は、JTKサイレントプラスとJTKサイレントSの違いを調査し、比較してみたいと思います!

ハジイチ
JTKサイレント洗車時の使い方を動画入りで詳しく紹介しています♪コチラも合わせてご覧ください!

JTKサイレントの使い方【洗車編】ジャパネットケルヒャー高圧洗浄機使用体験ブログ
JTKサイレントの使い方【洗車編】ジャパネットケルヒャー高圧洗浄機使用体験ブログ

続きを見る

JTKサイレントプラスの特徴

まずは、JTKサイレントプラスの主な特徴をご紹介します!

 

主な特徴

  • 水動圧の37.5倍の威力で汚れをぐんぐん落とす
  • 用途に合わせて水流の切り替えが可能で、高圧洗浄から花の水やりまで使用可能
  • 旧モデル(JTK38)に比べて体感音は約半分の静音モデル
  • ホース洗浄と比べて約70%も節水
  • 高圧ホース10m(10mの長さはジャパネットだけ
  • 軽くてコンパクト、持ち運びもラクラク
  • 蛇口への接続がワンタッチ
  • ため水からも給水できる
ハジイチ
ため水から給水できれば、水道が近くにない場所の高圧洗浄も可能ですね!

市販モデルはコチラ

 

JTKサイレントSの特徴

続いて、最新モデルJTKサイレントSの主な特徴をご紹介します!

 

主な特徴

  • 水動圧の37.5倍の威力で汚れをぐんぐん落とす
  • 用途に合わせて水流の切り替えが可能で、高圧洗浄から花の水やりまで使用可能
  • 旧モデル(JTK38)に比べて体感音は約半分の静音モデル
  • ホース洗浄と比べて約70%も節水
  • 高圧ホース10m(10mの長さはジャパネットだけ
  • JTKサイレントより約25%コンパクトに!
  • 旧モデルでは収納できなかったフォームノズルも収納可能!
  • 高圧ホースの接続は工具要らずでワンタッチ
  • 蛇口への接続がワンタッチ
  • ため水からも給水できる
ハジイチ
ケルヒャー高圧洗浄機・静音モデルの最小・最軽量を実現したのがJTKサイレントSとの事!

JTKサイレントプラスとJTKサイレントSの違いは?

JTKサイレントとJTKサイレントプラスの違いは?

基本的な特徴はJTKサイレントプラス、JTKサイレントS共にほぼ同じ。

JTKサイレントSの方がさらに進化していて、高圧ホースの接続が工具要らずでワンタッチコンパクトなのにフォームノズルも収納可能になりました。

違いは何?

それでは、JTKサイレントプラスとJTKサイレントSの違いを表にして比較したいと思います。

JTKサイレントプラス

JTKサイレントS

2021年2月1日

発売日

2022年2月上旬

中国

生産国

中国

292x538x303
(xx)mm

外形寸法

297x480x251
(xx)mm

5.7kg

本体重量

5.3kg

1,250W

消費電力

1,250W

30分間連続使用で、約16.8円
※1kWh=27円で計算

電気代

30分間連続使用で、約16.8円
※1kWh=27円で計算

5m

電源コードの長さ

5m

10m

高圧ホースの長さ

10m

63db

運転音

63db

常用:27.5Mpa
最大:10Mpa

吐出圧力

常用:27.5Mpa
最大:10Mpa

常用:310L/h
最大:360L/h

吐出水量

常用:312L/h
最大:390L/h

噴出待ち時間

最大1時間

連続使用時間

最大1時間

ジャパネットオリジナル
溜め水から自給できる高さ:50cm
防水機能:IPX5

備考

ジャパネットオリジナル
溜め水から自給できる高さ:50cm
防水機能:IPX5

高圧ホース10m
トリガーガン
バリオスプレーランス
サイクロンジェットノズル
ウォッシュブラシ
フォームノズル
本体側カップリング
蛇口アダプター
自吸・水道兼用ホース3m
取扱説明書

付属品

高圧ホース10m
トリガーガン
バリオスプレーランス
サイクロンジェットノズル
ウォッシュブラシ
フォームノズル
本体側カップリング
蛇口アダプター
自吸・水道兼用ホース3m
取扱説明書
電源コード
高圧ホース
トリガーガン
バリオスプレーランス
サイクロンジェットノズル

本体収納可能

電源コード
高圧ホース
トリガーガン
バリオスプレーランス
サイクロンジェットノズル
フォームノズル
ウォッシュブラシ
フォームノズル
自吸・水道兼用ホース

本体収納不可

ウォッシュブラシ
自吸・水道兼用ホース

黄色アンダーライン=違う項目

引用元:Japanet

表にまとめて比較してみましたが、運転音や付属品など主な特徴はほとんど同じでした。

違いを挙げるなら…

  • 発売日
  • 外形寸法:JTKサイレントSの方がコンパクト
  • 本体重量:JTKサイレントSの方が0.4kg軽量化
  • 吐出水量:JTKサイレントSの方が増量
  • 本体収納:JTKサイレントSはフォームノズルの収納も可能

と言うことでした。

ハジイチ
JTKサイレントプラスとJTKサイレントSはほぼ同じ性能。よりコンパクトな方がお好みの方はJTKサイレントSがおすすめ!

\JTKサイレントとJTKサイレントプラスの比較/

JTKサイレントとJTKサイレントプラスの違いは?ジャパネットケルヒャー高圧洗浄機比較!
JTKサイレントとJTKサイレントプラスの違いは?ジャパネットケルヒャー高圧洗浄機比較!

続きを見る

ジャパネットケルヒャー高圧洗浄機比較まとめ

ジャパネットケルヒャー高圧洗浄機比較まとめ

今回は『JTKサイレントプラスとJTKサイレントSの違いは?ジャパネットケルヒャー高圧洗浄機比較!』と題して、ャパネットオリジナルのケルヒャー高圧洗浄機の新旧モデルの違いを調査し比較しましたが、いかがでしたでしょうか?

ジャパネットでは、ケルヒャー高圧洗浄機をお客様の声を元に改良を続けています。

その改良の経過で商品化されたのが、JTKサイレントやJTKサイレントプラス、JTKサイレントSなのです!

旧モデルよりさらに進化した新モデルと言うことで、メリットを残しつつデメリットを解消する商品を作りを続けているんですね!

ケルヒャーはドイツのメーカーでその高圧洗浄機は世界中で愛用されています。

そんなケルヒャー高圧洗浄機を日本人向けに改良したものがジャパネットオリジナルのJTKサイレントやJTKサイレントプラス、JTKサイレントSです。

ハジイチ
高圧洗浄機の購入を検討している方は、ぜひジャパネットでの購入をご検討下さい!

あなたにおすすめの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハジイチ

こんにちはハジイチです。 日常で気になる人物、トレンド、エンタメ、商品などをまとめて 皆さんのお役に立てるように情報発信していきますので よろしくお願いします。

-おすすめ商品レビュー

© 2022 ハジイチ☆メモ