おすすめ商品レビュー

バルミューダコーヒーメーカー(K06A)の口コミは?価格やスタバモデル(K06S-SB)との違いも調査!

バルミューダコーヒーメーカー(K06A)の口コミは?価格やスタバモデル(K06S-SB)との違いも調査!

朝食や仕事の際に手軽にコーヒーを作って飲めるコーヒーメーカー。

202110月に、バルミューダよりオープンドリップ式コーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」が発売され、話題になっています!

独自の抽出方法と美しいデザインが特徴的で、コーヒーメーカーの購入を検討中の人におすすめ!

さらに11月にはスタバモデルが登場しました!

しかし、口コミや価格、スタバモデルとの違いなど気になる点がたくさんありますよね?

という事で「バルミューダコーヒーメーカー(K06A)の口コミは?価格やスタバモデル(K06S-SB)との違いも調査!」と題して、「BALMUDA The Brew」についてご紹介します!

ハジイチ
アメトーク家電芸人(2021年末SP)で今田耕司さんが絶賛していたコーヒーメーカーです!

バルミューダコーヒーメーカー(K06A)の特徴

出典:BALMUDA公式サイト

まずはバルミューダコーヒーメーカー(K06A)「BALMUDA The Brew」の特徴について紹介します!

「BALMUDA The Brew」とは、独自の抽出方法「Clear Brewing Method」を採用した、オープンドリップ式コーヒーメーカーです。

BALMUDA The Brewの特徴は?

出典:BALMUDA公式サイト

革新的な抽出方法

従来のコーヒーメーカーにはない細やかな温度制御と0.2ml単位の丁寧なドリップ、画期的なバイパス注湯によりコーヒー豆の味わいを最大限に引き出し、ストロングな味わいとクリアな後味の両立を実現!

また、コーヒー豆の成分を最良に抽出するために、専用設計した円錐型ドリッパーを採用しています!

美しいデザイン

アングルを問わず美しい質感とデザインも特徴1つ!

オープンドリップ式なので、まるでプロが目の前でコーヒーを淹れてくれるようなライブ感があります!

また、オレンジ色のランプと、古時計の振り子をイメージした音が、コーヒーの出来上がりを待ち遠しくさせます!

さらに、お気に入りの場所に収まりやすい横幅約14cmのスマートサイズ

シンプルな使い方

使用方法は簡単です!

  1. 好みのコーヒー豆を用意する
    まずはコーヒー豆を中細挽き~中挽きにします。
    ドリッパーにフィルターとコーヒー粉をセットし、タンクに水を入れたら準備完了!
  2. 抽出モードを選択
    REGULAR」「STRONG」「ICED」の3種類の抽出モードから、杯数とともに選びます。
    スタートボタンを押すと、抽出開始!
  3. カップに注ぐ
    抽出が完了したら、コーヒーを均一にならします。
    人数分のカップに注いで出来上がり!

3つの抽出モードの特徴

モード名 味の特徴
REGULAR 豊かな香りとすっきりとした後味。

雑味を抑えた舌触りの良さが特徴的。

STRONG 目が覚めるような力強い味わいと、キレのあるクリアな後味を両立。
ICED 氷で一気に冷やすことで、フレッシュさと豊かな風味を兼ね備えたアイスコーヒーを作れる。

 

お手入れ

また、「クリーニングモード」では、クエン酸を使用して内部を手入れすることができます!

1か月に1回程度、また長期間使用しない場合などに行いましょう。

ハジイチ
水タンク、ドリッパー、サーバーは水洗いが可能!

BALMUDA The Brewの商品スペック

出典:BALMUDA公式サイト

製品名 BALMUDA The Brew
本体寸法 幅140mm×奥行297mm×高さ379mm(取っ手含む)
本体重量 約3.4kg
電源 AC100V 50Hz/60Hz
定格消費電力 1450W
電源コード長さ 1m
最大容量 サーバー 約500ml、水タンク 約490ml
サーバー素材 ステンレス(真空二重構造)、PP
抽出方法 オープンドリップ式
モード REGULAR、STRONG、ICED、Cleaning
抽出杯数 1杯・2杯・3杯

REGULAR、STRONG:約120ml・約240ml・約360ml

ICED:約75ml・約150ml・約225ml

抽出時間 約4~7分 ※モードや気温によって異なる
型番 K06A-BK
価格 59,400円(税込)

引用元:BALMUDA公式サイト

ハジイチ
おしゃれなデザインですね!カラーはブラック一色になります。

バルミューダコーヒーメーカー(K06A)の口コミ

続いてBALMUDA The Brewの口コミについて紹介します!

実際にBALMUDA The Brewを利用した人の感想にはどんなものがあるのでしょうか?

良い口コミ

毎朝の一杯が贅沢に
本体の高さが30cm程ありますが、幅、奥行きがコンパクトで設置場所に困りません。デロンギ旧機及び最新機と比較しましたが最も味がクリアーに出て美味しかったです。2〜3杯分抽出してサーバーに入れておいても2〜30分程は熱いコーヒーが楽しめる真空二重構造のステンレス製。相変わらずデザインは秀逸

引用元:Yahoo!ショッピングレビュー

 

満足です
ヴァルミューダのコーヒーメーカーと聞いてすぐに注文しました。 待ちに待って本日届きました。 早速コーヒーを淹れてみました。 スプーンに一杯でコーヒー一杯分にしましたがちょっと濃いー。 ああー失敗ー。 でも美味しいー。 コーヒー豆は安物ですがこれでも美味しいコーヒーです。 うれしいー。 抽出中の音も素敵です。 これで朝のコーヒータイムが楽しみになりました。 バルミューダさん、ありがとうございます。

引用元:Yahoo!ショッピングレビュー

  • 買ってよかった!
  • 毎朝の一杯が贅沢に!
  • 出来上がりを待つのも楽しい!
  • 味よし!見た目よし!
  • 値段以外は期待以上!

悪い口コミ

ドリップコーヒーの淹れ方としてはレベルが低いです
・蒸らしの際に粉全体にお湯が行き渡らない
・コーヒーが落ちる速度が遅いのでお湯でひたひたになり、ドリップではなく浸漬法になっている

淹れるのに10分くらいかかるのはかなり辛いです
かなり大きいですがデザインは良いのでオシャレ家電としては良いかも

引用元:Amazonカスタマーレビュー

 

値段の割にちゃんと味が出てないと思って検索したら,いろいろな抽出方法に失敗してこの抽出方法に落ち着いたっという内容の記事が出てきた

キーンという作動音がうるさい

引用元:Amazonカスタマーレビュー

  • 作業音がうるさい
  • 値段の割にちゃんと味が出ていない

 

買ってよかった、デザインがいい、出来上がりを待つ時間も楽しいなど、好評の声が多数!

一方で、運転音がうるさい、あまり味が出ていないと感じた人も見受けられました。

 

ハジイチ
とは言え圧倒的に味やデザイン、特徴的な音に満足しているとの口コミが多かったです! 

バルミューダコーヒーメーカー(K06A)の価格・最安値は?

続いてBALMUDA The Brewの価格と最安値について紹介します!

BALMUDA The Brew販売価格は59,400円(税込)

では、Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングなどの通販サイトではどれぐらいの価格で販売されているのでしょうか?

Amazon 57,000円(税込)
Yahoo!ショッピング 58,000円(税込)
楽天 58,800円(税込)

 

3つの通販サイトを比較すると、Amazonの「57,000円(税込)」が最安値だと分かりました!(※202213日時点)

価格についてですが、地域によっては別途配送料がかかる場合があるので注意しましょう。

ハジイチ
価格については変動があります。ポイントなど使ってお得に購入しましょう!

スタバモデル(K06S-SB)との違いは?

続いてスタバモデルとの違いについて紹介します!

実は、BALMUDA The Brewにはスタバモデル「BALMUDA The Brew STARBUCKS RESERVE LIMITED EDITION」も登場しています!

これは、スターバックスとバルミューダがコラボした特別モデル!

202111月から、スターバックスオンラインストアなどで先行販売されました。

通常モデルとスタバモデルの違いは?

抽出方法

スタバモデルでは、スタバの厳選したコーヒー豆本来の味わいを引き出すために、通常モデルとは湯の量や注ぎ方に細かな違いがあります。

温度制御、注湯の量と間隔、バイパス注湯と全ての過程において専用のレシピで抽出し、お店のおいしさを再現!

カラー

通常モデルのカラーはブラックですが、スタバモデルは鮮やかなカッパーと艶のあるダーククロームの配色

STARBUCKS RESERVE®の世界観をイメージしています!

ロゴや文字のフォント

通常モデルにはBALMUDAのロゴが入っているのに対し、スタバモデルに記されているロゴはSTARBUCKS RESERVE®

また、モード名を表記する文字のフォントには、スターバックスの店頭のメニューと同じフォントが採用されています!

搭載モード

通常モデルでは「REGULAR」「STRONG」「ICED」の3種類の抽出モードから選択できますが、スタバモデルに搭載されている抽出モードは「Hot」と「Iced」

これはスターバックスの店舗と同じ!

また、抽出量についても通常モデルの場合13杯というカウントですが、スタバモデルでは店舗と同様「Short」と「Tall」から選択可能!

まるでお店でオーダーする気分が味わえます!

BALMUDA The Brew STARBUCKS RESERVE LIMITED EDITIONは、スターバックスの味わいを自宅にいながら体験できる、唯一のコーヒーメーカー!

スタバモデルの商品スペック

製品名 BALMUDA The Brew STARBUCKS RESERVE LIMITED EDITION
本体寸法 幅140mm×奥行297mm×高さ379mm(取っ手含む)
本体重量 約3.4kg
電源 AC100V 50Hz/60Hz
定格消費電力 1450W
電源コード長さ 1m
最大容量 サーバー 約500ml、水タンク 約490ml
サーバー素材 ステンレス(真空二重構造)、PP
抽出方法 オープンドリップ式
モード Hot、Iced、Cleaning
抽出サイズ Short・Tall

Hot:約240ml・約360ml

Iced:約120ml・約180ml

抽出時間 約5~7分 ※モードや気温によって異なる
型番 K06S-SB
価格 64,900円(税込)

引用元:BALMUDA公式サイト

ハジイチ
カラーや機能、ロゴなどに違いがありますが、サイズは通常モデルと全く同じです。

バルミューダコーヒーメーカー(K06A)のまとめ

IJD-JN50とIJD-I50の違いのまとめ

今回は、「バルミューダコーヒーメーカー(K06A)の口コミは?価格やスタバモデル(K06S-SB)との違いも調査!」と題して、「BALMUDA The Brew」について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

細やかな温度制御や0.2ml単位のドリップなど、革新的な抽出方法が目を引きました!

3つの抽出モード「REGULAR」「STRONG」「ICED」からその日の気分に合わせて選べる点が嬉しい!

使い方も簡単です!

好みのコーヒー豆を用意し、抽出モードを選択、出来上がったらカップに注ぐだけ!

美しいブラックカラーのデザインや、抽出時の古時計の振り子をイメージした音などが、コーヒーを淹れる過程や待っている時間さえ楽しい気分にさせてくれそうです!

また、どこでも置けるコンパクトサイズな点も魅力的!

通常モデルとスタバモデルの違いも面白いですね!

スタバモデルは、店舗の味を再現しているだけでなく、店舗と同様のフォントや搭載モードも採用しているとは!

自宅にいながらスターバックスで飲んでいるような体験を味わいたい人におすすめのモデル!

通販サイトにて最安値で購入したい人には、今ならAmazonがおすすめです!

コーヒーを淹れる全ての工程を楽しめるBALMUDA The Brew

ハジイチ
興味がわいた人は、ぜひ自宅に1台いかがでしょうか?

あなたにおすすめの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-おすすめ商品レビュー

© 2022 ハジイチ☆メモ