お役立ち情報

お雑煮の由来は?地域の違い・特徴は?海外でも食べられている?

こんにちは。ハジイチです。

あっという間の大晦日。今夜は紅白(ガキ使)見ながら年越しそばですね!

そして、明日はおせち料理とお雑煮。年末年始は痩せる気がしません。

今回はお正月に食べるお雑煮の由来、地域によって違うお雑煮、日本以外のお雑煮について紹介します。

 

お正月にお雑煮を食べるようになったのはなぜ?

お雑煮をお正月に食べるようになったのは、室町時代から。貴族や武家など上層階級の間で始まったとの事。(諸説あり。)

 

農耕民族である日本人にとっての“お餅”はお祝い事や「ハレの日」(特別な日)に食べる物。

 

年神様に供えたお餅や里芋、大根、人参など新年最初の水と火で煮て食べたことがお雑煮の由来。

 

「神人共食」と言い、神様にお供えしたものをいただくことで、神様のチカラを体内取り入れることができると信じて食べられた縁起の良い食べ物。

 

「煮雑ぜ(にまぜ)」、つまり色々な具材を煮合わせたことがお雑煮の語源。

 

お雑煮は元日から3日にかけて祝いの膳に添えるとの事。

「食い上げる」といって毎日1個ずつお餅の数を増やすと縁起が良いと伝えられている。

ハジイチ
お雑煮の縁起が良い食べ方、知りませんでした。3日目3個はおっさんにはキツイ・・・

 

地域によってこんなに違う?!ご当地お雑煮

よく言われているのが、

東日本では角焼き餅を入れたすまし仕立てのお雑煮、

西日本では茹でた丸餅を入れた味噌仕立てのお雑煮。

 

さらにお雑煮には大きく5つの特徴に分けられと分析されています。

お雑煮の特徴 主な地域
角餅・すまし仕立て 北海道、東北、関東、中部地方
丸餅・赤味噌仕立て 北陸地方の一部
丸餅・白味噌仕立て 近畿、中部地方の一部、四国地方の一部、中国地方の一部
丸餅・すまし仕立て 中国、四国、九州地方、北陸地方の一部
あずき汁 鳥取県の海岸沿いの一部地域

 

また焼いたお餅を入れるのか、茹でたお餅をいれるのか、生のお餅を一緒に煮込むのかなど、お雑煮は、地域や家庭によって様々、とても奥が深い!

ハジイチ
単純に東と西の違いだけではなくご当地の食文化や特産品と深く関わりがあるようです。

ご当地お雑煮を抜粋

岩手県:くるみ雑煮

すまし仕立てのお雑煮にクルミをすり潰して作ったタレを添え、このタレにお雑煮の餅をつけて食べる。

 

新潟県:親子(鮭といくら)雑煮

塩鮭から出汁を取りながらたくさんの具材とともに煮て、焼いた角餅をいれ、いくらをのせたお雑煮

 

東京都:とり雑煮

すまし仕立ての汁に鶏肉、小松菜などを入れた江戸風のお雑煮。お餅は焼いた角餅。

 

千葉県安房郡:はばのり雑煮

すまし仕立てのお雑煮に房総の冬の特産品「はばのり」をたっぷりのせるのが特徴。「はばを効かせる」に掛けている。

 

奈良県吉野郡:きなこ雑煮

白味噌仕立てで、里芋、大根、豆腐を入れて白一色にする家庭と、人参を加えて紅白にする家庭がある。餅を汁から取り出して別皿のきな粉を絡めて食べる

 

島根県出雲市:あずき雑煮

あずきの煮汁に丸餅を入れた甘いお雑煮。丸餅の代わりに、トチの実でつくった「とち餅」を入れる地域もある。

 

広島県広島市:かき雑煮

すまし仕立ての汁に名物の牡蠣が入ったお雑煮。「福をカキ入れる」の縁起物。

 

香川県:あんもち雑煮

白味噌仕立ての汁にあんこ入りの丸餅を入れるお雑煮。

 

福岡県福岡市:博多雑煮

焼きあご(トビウオ)を出汁に使ったすまし汁に、丸餅と塩ぶり、しいたけ、里芋などを入れる。

 

沖縄県:お雑煮を食べる風習なし

お雑煮の代わりに、豚肉を使った味噌仕立ての『イナムドゥチ』や豚の内臓を使ったすまし仕立ての『中身汁』などを食べる。

中身汁

MEMO

イナムドゥチ:沖縄の郷土料理。豚肉を使用した具沢山の味噌汁。お祝い料理のひとつ。

中身汁:沖縄の郷土料理。豚の内臓(モツ)を使用した汁物。

ハジイチ
あずき雑煮とお汁粉は何が違うんだろう・・・白味噌仕立てのお雑煮も食べてみたいな。

 

おすすめの関連記事

おせち料理は縁起もの?!由来や意味は?料理の種類は?

続きを見る

 

お雑煮を食べる国は日本だけ?

お雑煮は日本のお正月には欠かせない料理ですが、海外ではどうでしょうか?

(日本に移住した英国人の友人に尋ねたところ、お餅自体日本に来て初めて食べたとの事。)

そこで、日本のお雑煮に近い料理、似た料理を食べる国を調べてみました。

 

韓国

韓国では「トックク」と呼ばれるお雑煮に似た料理が食べられているそうです。

「一杯食べると、ひとつ年を取る」といわれているお正月の定番料理との事。

 

台湾

台湾では大晦日に「紅白湯圓(ホンパイタンユェン)」という紅白の白玉が入った甘いスープを仏前にお供えしてから食べるそうです。

 

ロシア(シベリア地方)

ロシアでは「ペリメニ」と呼ばれる牛肉や羊肉の挽肉などの具をモチモチとした皮で包んだ水餃子のような料理が食べられているそうです。

ハジイチ
お隣の国韓国が一番お雑煮近い料理を食べているようですね。トッククぜひ食べてみたいです!

 

まとめ

今回はお正月には欠かせない、お雑煮についてでした。

由来

  • 年神様の供物(お餅、野菜など)を、煮て食べた事が始まり。
  • 神様のチカラを授かる縁起の良い食べ物として新年に食べられた。

お雑煮は

  • 地域や家庭によって違いや特徴がある。
  • ご当地の食文化や特産品と関係がある。

海外では

  • 韓国の「トックク」が日本のお雑煮に一番近い料理。
ハジイチ
縁起の良いお雑煮を食べて新年も健康に過ごしたいです。今回もお付き合い頂きありがとうございました!

あなたにおすすめの記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハジイチ

こんにちはハジイチです。 日常で気になる人物、トレンド、エンタメ、商品などをまとめて 皆さんのお役に立てるように情報発信していきますので よろしくお願いします。

-お役立ち情報

© 2020 ハジイチ☆メモ