エンジニアの知恵袋

ASME CODE(アスメ コード)についてまとめてみた。ASME B31ってそんなに種類があるの!?

こんにちは。ハジイチです。

仕事でどうしても関連してくる内容なのでをまとめてみました。

 

ASMEとは

American Society Mechanical Engineers(米国機械学会)。

ASME規格はANSIの基準を満たすもので認定手順の下で開発された民間規格です。

ASMEには様々な基準/規格が存在するが、配管に関する内容は「ASME B31シリーズ(圧力配管基準)」に記載されています。

日本国内において「建築設備の耐震施工法」における配管応力評価は 空気調和・衛生工学会指針によるとASME B31.3 Process Pipingに準拠するよう謳(うた)われています。

エクスペリコ
日本国内の配管設備なのになぜ海外規格を用いて評価するの?
それは配管の規格は世界的に殆どなく、ASME規格を適用する場合が多いからです。
ハジイチ

ANSIとは

American Natinal Standerds Institute(米国国家規格協会)

B31.3 Process Pipingとは

ASME B31.3はプロセス配管に規定しています。

プロセス配管とは

石油精製、化学、薬品、紡績、製紙、半導体、及び極低温プラントならびにターミナルの各分野において代表的に見られる配管の事です。

まとめ

ASME B31シリーズに配管に関する規格であり、B31XのXが数字の場合は対象設備固有の配管設計・材料・製作・施工・検査・運転・保守を網羅する基準となっています。

B31.1 Power Piping 火力発電設備プラント配管
B31.3 Process Piping 石油精製・化学プラント等の配管
B31.4 Pipeline Transportation Systems for Liquids and Slurries 液化石油輸送設備配管
B31.5 Refrigerration Piping and Heat Transfer Components 冷却配管
B31.8 Gas Transmission and Distribution Piping Systems ガス輸送分配配管
B31.9 Buildings Services Piping 建築配管
B31.12 Hydrogen Piping and Pipelines 水素配管と輸送配管
B31E Standard for the Seismic Design and Retrofit of Above-Ground Piping Systems 地上配管の耐震設計および改造のための基準
B31G Manual for Determining the Remaining Strength of Corroded Pipelines 腐食した輸送配管の残存強度を決定するためのマニュアル
B31J Stress Intensification Factors (i-Factors),Flexiblility Factors(k-Factors),and Their Determination for Metalic Piping Components 金属配管部品の応力係数(i係数)、たわみ係数(k係数)およびそれらの決定
B31Q Pipeline Personnel Qualification 輸送配管人材資格基準
B31T Standard Toughness Requirements for Piping 配管の標準靭性要件
ASME B31シリーズって多くの種類があるんですね
ハジイチ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハジイチ

こんにちはハジイチです。 日常で気になる人物、トレンド、エンタメ、商品などをまとめて 皆さんのお役に立てるように情報発信していきますので よろしくお願いします。

-エンジニアの知恵袋

© 2020 ハジイチ☆メモ