エンジニアの知恵袋

スプリングハンガーとコンスタントハンガーはどのように使い分けますか?まとめ

こんにちは。ハジイチです。

スプリングハンガーとコンスタントハンガーはどのように使い分けるかについてまとめてみました。

名称を聞いたことがあるけど、具体的にどのように違うのか知りたいかた向けです。

スプリングハンガーとコンスタントハンガーについて

スプリングハンガーおよびコンスタントハンガーは、配管サポートの一種

両サポートとも配管の動きに追随しながら、配管荷重を支持する代表的な可動サポート

スプリングハンガーとコンスタントハンガーの大まかな使用区分

  • 変位量の小さい箇所にはスプリングハンガー
  • 変位量の大きい箇所にはコンスタントハンガー

具体的な条件は個々の製品の仕様によるので、メーカーの技術資料あるいはカタログを参照。

スプリングハンガー(バリアブルハンガー)

スブリングハンガー(バリアブルハンガーともいう)は、コイルばねで配管重量を支持する装置。

配管を上から吊り下げるタイプと下から支持するタイプがある。

いずれも機能は同じで、配管の設置状況に合わせていずれかを選択する。

スプリングハンガーの選定

  • ハンガーの取り付け位置での配管の熱変位量(トラベル)
  • 熱変位の方向(上あるいは下)
  • 支持荷重の大きさ

支持荷重は、運転時の荷重と運転停止時の荷重が必要で、荷重変動率がメーカーの指定する一定割合以内となるように選定する。

荷重変動率とは、設計荷重(通常は運転荷重)に対する運転荷重と運転停止時の荷重との差の割合を示す。

この例で、運転中の配管の変位が 20 mm 、運転中に 16 kN、運転停止中に 20 kN の荷重を支持するものとすれば、荷重変動率は 25% となります。

そこで、荷重変動率 25% かつトラベル20 mm に適合する仕様のハンガーを選定します。

現場でスプリングハンガーを取り扱う場合、運転開始直前までロック装置を外してはいけません。

特に、水圧テストを行う場合、テスト終了までロック装置を外してはいけません。

また、呼び径の大きいガス配管の場合、運転時と水圧テスト時では支持重量に極端に差が出るので、ロック装置だけに頼らず水圧テスト用の仮サポートを設置する必要がある。

コンスタントハンガー

コンスタントハンガーは、配管の変位量にかかわらず支持荷重がほぼ一定

かつ 100 mm 超の大きな変位に対処でき、最大400 mm 程度までの変位にも対処可能

ただし、変位量の上限と下限は、メーカーにより異なるで具体的にはメーカーと協議。

コンスタントハンガーの構造は、

コイルばねとリンク機構で構成され、カウンターウエイトを用いて支持荷重と釣り合うような構造になっている。

配管の支持方法は、スプリングハンガーと同様に吊り下げる方法と下から支持する方法があります。

現場でのコンスタントハンガーの取り扱いも、スプリングハンガーと同様運転開始直前までロック装置を外してはいけません。

特に、水圧テストを行う場合、テスト終了までロック装置を外してはいけません。

まとめ

スプリングハンガーとコンスタントハンガーはどのように使い分けるかについてまとめてみました。

如何でしたでしょうか。参考にして頂けたら幸いです。

ハジイチ
以上ハジイチでした。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハジイチ

こんにちはハジイチです。 日常で気になる人物、トレンド、エンタメ、商品などをまとめて 皆さんのお役に立てるように情報発信していきますので よろしくお願いします。

-エンジニアの知恵袋

© 2020 ハジイチ☆メモ